サラリーマンがリストラされても生き抜く方法 あなたは大丈夫ですか? シャープ7000人規模のリストラを考える

Dismissal

1996年ぐらいのバブル崩壊あたりに、 ”リストラ” なんて言葉をよく聞きましたが、2016年 また 20年たってリストラの波がやってきています。

しかも、大手の東芝やシャープ そして、5月に入り三菱自動車の燃費偽装不正があかるみになりました。
そして、エアバックのタカタ等、今にも危なくなってしまった企業もあります。
オリンピックの招致も賄賂が動いていたのではと 2016年5月17日現在、ニュースにでており、いろんな意味で日本はおわりかかっています。

 

あなたは リストラされても大丈夫ですか?

大企業ですら、このザマです。
中小企業にいたっては、取引先が、大手企業だと、その煽りを受けたりします。

熊本地震ですら、中小企業はピンチに陥っています。

いつ何があるかわからない、日本です、自分の会社は大丈夫と本当に言えるでしょうか

成績も普通、何も不祥事は起こしていないのに、突然、会社から解雇通知

読んでみれば、会社分割法により、別の会社に移ることにと・・

つまり事業部ごと リストラして別会社に売り渡し、別会社では、嫌がらせをずーっとうけて最後にやめていうくという
よくあるパターンのリストラを最近みました。

私の身近で・・

企業の経験を活かして、転職?! そんなに世の中甘くはなく
転職は35歳まで
40を超えた人は、ほとんど雇用の口がありません。

せいぜい タクシー運転手かバス運転手 で年間休日60日程度で、手取り18万円とかの世界の仕事です。

今まで 年収800万円やら、1000万円もらっていた人が 住宅ローンや 子供の教育資金ローンなどかかえていたら
一気に破綻するコースです。

少なくとも、履歴書や職務経歴書ぐらいは、書いておいたほうがいいとおもいます
何もなくても・・

 

人は追いつめられてようやく本気になる

 

そうはいっても、重い腰は上がりません。
自分がリストラの危機にあったり、収入が頭打ちで、どうにも首がまわらなくなってようやく人は動き出します。

まだ動き出す人はいいほうです。

ただ、動いても間違った方向に向かってエネルギーを使ってしまうのは私から見て残念なことです。

今のうち、つまり、職があって安定していているとき、コツコツはじめて行けば、会社給与+アフィリエイトの収入がはいり
ずっと落ち着けるはずです。

私のコンサル生には 50代で独身の女性のかたがいらっしゃり 猛勉強されて、ゼロから積み上げなのですが
あっというまに、ブログを構築して、情報商材のセールスレターなども作り販売にこぎつけたかたもしました。
そしてその方は  半年後 月10万円以上売り上げるまでになりました。

ただ、その方も、追いつめられてやっと・・というパターンでしたから
人は追いつめられてないと本気にならないものなのかもしれませんね。

もし興味があれば私の口座をうけてみてください

 

6月1日 開始いたします。

是非ふるってご登録を!

 


関連記事

ページ上部へ戻る