非正規だ派遣だ給与が安いと嘆くなら副業のアフィリエイトを始めるべき

Success flow chart

世の中の非正規雇用が40%を超えた つまり4割
働いている人の10に4人は非正規雇用になってしまった日本
賃金格差や不安定な雇用で悩まされ、正社員を目指す努力もするがなかなか正社員にはなれない

もし、アナタが、非正規雇用で賃金が安く正社員を目指しているなら少し見る視点を変えてみましょう。

 

正社員が全てなのか?

sales-agent-webinars-through-the-internet

本当に正社員になることが最善なのでしょうか。
雇用が安定して賃金が高くなる?

幻想を壊すようですが、最近のニュースを見ていれば、それがマヤカシであると思いませんか?

大企業の東芝が7000億円の赤字をだしてリストラを開始 白物家電に関わっていた
全社員がリストラに 40代以降もリストラ対象

シャープも経営再建中で 40代以降の社員をリストラ対象にしています。

 

 

私は大手外資系IT会社の正社員ですが、転職を繰り返してきた私から見て、残念ながら日本の企業は年功序列制と新卒絶対主義から抜け出せず
、中途で入っていけるのはマレです。

 

 

仮に中途採用で入ったとしても、出世レースを20代からやってきたヤツらと戦わねばならず、不利な戦いを強いられます。
つまり、入っても出世できず昇給も期待できません。

 

 

日本に会社の組織をおいている外資系企業は通年募集はしていますが、外資系の暗黙のルールで毎年10%はクビになっています。
これは、アメリカのレイオフと同じく日本でもレイオフが行われています。(日本の法律は許されていませんが・・)

 

 

つまり、中途採用を通年している企業は外資系が多く、正社員でも 毎年評価され評価が悪い 下位10%はクビになります。

 

 

例えて言うなら シマンテックやSAPやトレンドマイクロ社やアマゾン等 コテコテの外資系を指しています。
フランス系のダッソー・システムズなども同じです。
当然、英語は話せないといけません。

 

 

これが、今の日本の現状なのです。

 

 

さて、貴方は英語は話せますか?TOEIC730点以上もっていますか?

英語の勉強したり資格の勉強する時間があるなら、アフィリエイトはどうでしょうか。

 

 

 

 

非正規雇用のメリットを活かしてアフィリエイトで生計を立てる

1

であれば、正社員より、時間の縛りが短いことをメリットとして、自宅やアパートでアフィリエイトのビジネスを始めてみてはいかがでしょうか。

 

同じ努力と苦労をするなら、圧倒的にアフィリエイトはお金になります。

 

 

私も、派遣やアルバイトや 営業職などを経て IT系の外資系で人事やマーケティングやIT企画と渡り歩いてきましたが、アフィリエイトのほうが圧倒的に楽に稼げています。

 

 

楽というのは語弊があるのですが、同じ苦労するとしたら、普通に出世して年収300万円が600万円になるなら
アフィリエイトのビジネスなら同じ時間と努力をすれば年収を300万円が年収1000万円になります。

 

 

私は出世するのはやめて、ゆる~く会社で仕事をして、残った時間をアフィリエイトに当てています。

 

 

当然、私の部長さんより、収入が多くなっているわけで・・・。

始めるにはある程度の資金が必要??

trošenje

簡単に言えば、自営業をはじめるので、最初に開店資金が必要です。
とはいっても、リアル店舗を持つのとは全然値段が違います。

例えば飲食業だったら
・店舗の賃料
・食材の仕入れ
・電気代
・おしぼりやナフキンなどの消耗品
・ガス代
・調理機器
などなど、投資がいり すくなくとも1000万円は必要ですが、

アフィリエイトで
webでお店をもつのは

レンタルサーバー代 月1000円
メール配信スタンド 月1500円~3000円
ドメイン代     月100円程度
各種ツール    数万円 (買い切り)

これだけです。あと、パソコンは必須ですから・・・これは誰でも持っていますよね。

たったこれだけでお店を持って商売ができます。
初期投資が数万円

売るものも、在庫は必要なく、オンラインで買ってもらえます。

こんなローリスクの自営業は インターネット上でしかあり得ません。

皆さんは、アフィリエイトにどんなイメージをもっていますか?
1日で10万円とか 10分で5万円とか、如何わしい 怪しい言葉が並んでいる世界とおもっていませんか?

一部の詐欺系アフィリエイトやそういう詐欺師たちのアフィリエイターも居ますが、私が紹介するのは
ごく普通のアフィリエイトです。

もし、わからなかったら私が手助けをいたします。

2016年3月1日 メール講座を開講しますので、是非一緒にやっていきましょう。

 


関連記事

ページ上部へ戻る