情報商材を欲しいと思わせるテクニック

Most_Profitable_Niche

情報商材を売りたい 沢山売りたいとおもってもさっぱり売れません。
情報商材売るには、あるテクニックが必須となってきます。

情報商材を売る方法テクニックを公開

Most_Profitable_Niche

難しいことは何もありません。
基本をおさえていれば、売れるようになってきます。

まず、欲しいと思わせなければなりません。

一番参考になるのが、TVショッピングです。

TVショッピングみると、あざといぐらいにわざとらしい演出をしています。
あれぐらいでいいんです。

1つ例に出しましょう
例えば、ハンディースチーマーなどの売り方です。

・焦げ付いた油汚れ 汚い脂ぎった換気扇を見せる
↓絶対落ちない もしくは苦労した記憶を思い出させる

・普通にこすって落ちない映像をみせる
↓ ほらやっぱり落ちないと思わせる

・売りたい商品の実力をみせる
↓ こんなに簡単におちる というのを見せる

・他にもこんな使いみちがあると、これでもかと畳み掛ける
↓ これだけのために買っても・・という思いをつぶしなんでも綺麗にできると錯覚させる

・値段の紹介  今ならなんと29800円を いまから1時間だけ15800円 + 送料無料
↓ 限定されている 今買わないとこの値段でかわないといけないと焦らせる

 

・大きく電話番号をのせる
↓ アップ調な早口かつ高いテンションのナレーションで早く電話をしないと買えなくなると伝える

どうです?だいたいこんな感じです。
ここでは

・限定されている 今しか買えない 
・貴方に判断の猶予を与えない
・貴方の悩みがこれで解決できる

このテクニックを巧みに使っています。

このテクニックを使えば、実は情報商材もうそのように売れていきます。

しかし、どうやったらいいのか、それには、参考にするものが必要です。

実は私が、メール講座でそれを明かします。

もし、気になったらメール講座を受講してみてください。

 

 

 

 


関連記事

ページ上部へ戻る