アフィリエイト塾の詐欺に注意 高額なバックエンドを売り込んでくる

internet-fraud-500 - コピー

ここ最近 2015年末ですが、やたらとアフィリエイトのセミナーや塾が目につくようになりました。

・無料で読んで見る
・無料メールマガジン
・月100万円稼ぐ方法を公開する
・アフィリエイトで商品がバカ売れする方法を無料で公開

など、無料という言葉や、月100万円という甘い罠の言葉で誘いメールマガジンに登録してもらう手段です。

 

アフィリエイト塾(アフィリエイトセミナー)の詐欺手口を紹介します。

credit-card-fraud2
Googleのアドセンス(AdSense) で塾形式 の場合

 

殆どが トレンドブログ(特化トレンドブログ)と思います。
これ以外の方法であれば、信用できますが

トレンドブログで稼ぐ方法だったら注意していください。

トレンドブログとは主に芸能人の日常やスキャンダルをブログに書き勝手に未来を想像してゴシップ記事を書く方法です。
これは情報商材のPRIDEや下克上が販売されて有名になった手段です。

トレンドブログは一時的にアクセスを集められますが、Googleから価値の無いコンテンツという判定を食らって圏外に飛ばされてしまいます。
もって数ヶ月でしょう。

 

トレンドブログを使ってアドセンスで稼ぐことを教えているセミナーや塾の手口を紹介

credit_card_fraud-100537848-primary.idge

  1. グーグルの検索で 「トレンドブログ」と検索して出てくる塾やセミナーはほとんどがこの形式です。この
  2. 無料のメールマガジンに登録してもらう
  3. 無料もしくは少額でコーチングしてトレンドブログを作ってもらい月数万円稼いでもらう
  4. 稼がせて信用させる
  5. 正式な入塾を案内する(高額な塾の場合が殆どです 35万円や40万円など)
  6. 限定30名と偽って煽る (実は50名ぐらいいたり、常時募集したりしています)
  7. トレンドブログで月10万円の実績を作ってもらう
  8. 10万円を超えたら、メルマガアフィリエイトを教えるといい、実は同じような塾を開くようにコーチングする
  9. 当然、勝手に開けるのではなく上納金よろしく、情報商材を偶に買わされる
  10. 12ヶ月のサポートといいつつ、メールに殆ど返信がなく終了する
  11. 2/3がドロップアウトして終わる

殆どのアドセンス(AdSense)の塾がこの形式です。
1人 35万円とり 40人入塾してくれたら 1400万円ですから、それは1年サポートして
仕事としても十分成り立ちます。

しかし、自分と同じ塾を増やしていたら、塾やセミナーが飽和して自分が稼げなくなるのをわかっていないのではないでしょうか。

 

自分で自分の首をしめているやり方です。
Office life: business team during a meeting

そして、この人達の謳い文句は決まって  「メール1通 3分で 1000万円稼ぎました」とかいっています。
笑ってしまいます。時給1000万円 とか言っている人たちです。
滑稽ですね。

その1000万円で30人とか40人を毎日コーチングすることを考えたら、労働時間が大変なビジネスです。

 

情報商材を教材と称して無理やり買わせる塾やセミナー

angry-employee (1)

何度も紹介しているので詳細は割愛しますが、

1学期2学期3学期とかいう形式でわかれている塾です。

最近流行りなのか、情報商材をけちょんけちょんに叩く記事を書いて、
この情報商材は詐欺商材だとかいってきながら、自分たちも、情報商材を教材とウソをついて
無理やり買わせ、買わないと、次の授業が受けられなくする形式です。

 

情報商材は騙さないと稼げないのか?塾やセミナー形式ではないと稼げないのか?

company-employee-of-second-career-670x352

 

いいえ、そんなことはありません。

本当に稼いでいる人は、コピーライティングのテクニックを使い、様々な情報商材を売っています。

そして、本当に稼いでいる人は、塾やセミナーなどあまり行っていません。

私はその事実を知っているので、あえて言います。
塾形式やセミナー形式の殆どは、情弱狩りの詐欺だとおもっていて間違いありません。

コピーライティングは自力で学べます。しかし、色んな所の情報が散乱しているので
学ぶのは大変です。

いま私は、コピーライティング等の教材を用意していますので、しばらくお待ち下さい。

2015年12月末には皆様にお披露目できるとおもいます。
これを学べば、ほとんどの情報商材を読む必要はありません。

商品が飛ぶようにうれていくことになるはずです。


関連記事

ページ上部へ戻る